代表あいさつ

ごあいさつ

 

信頼と技術を基盤に、豊かな社会の維持・発展に貢献する

当社は1918年(大正7年)12月、産業化が遅れていた東北の振興を目的に当時の内務大臣(後の総理大臣)原敬の提唱で日出セメント株式会社として設立され、2018年に創立100周年を迎えた『100年企業』です。

現在は住友大阪セメント株式会社のグループ会社として、主に東北・関東向けのセメント製造を担っています。各種産業分野から発生する処理の困難な廃棄物や副産物、清掃工場から発生した焼却灰。そして、自然災害などにより発生した災害廃棄物を積極的に受け入れ、セメントの熱量や原料の代替として再生利用に努めております。再生利用で生産されたセメントは、生活や社会資本整備に必要な材料として使用される、まさに循環型社会構築の一端を担っているのです。

又、2016年6月には八戸バイオマス発電株式会社より発電操業業務を一括して受託し業容の拡大を図っております。

これからも地域とともにお客さまのニーズと社会的な使命に応える存在であり続けるよう『けっぱる(頑張る)』所存です。

引き続き八戸セメント株式会社へのご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 
 

八戸セメント株式会社
代表取締役社長 大嶋 信太郎

 

ページトップへ戻る